FC2ブログ

Ωжト\Ψ ∂∽VΩ

最近はよく見かけるようになったアルミケース
中に気に入った小品を収納しています。
さらに愛着をもつために手を加えたりするさ~
表面にギリシャ文字やロシア文字、記号を使って
自分の名前を暗号のように記したものです。

スキャン0050

続きを読む

CIRARA

硬化させた砂を入手!
久々に彫刻をしてみる
まるで基礎を知らない自己流なのだが
特別、モデルもなく手探りで彫っていく、、、
古代遺跡を発掘していくように少しずつリアルな顔になってきた
そこでピピピと閃いた!!
それにSFイメージを融合してみると
へんてこながら、、妙にマッチしたような?!
それに合わせた台座を作り固定してみると
こんな感じになりましたこれにて完成。
あとの写真は色加工で遊んでいます。

RIMG0218+.jpg
RIMG0215+.jpgRIMG0214+.jpgRIMG0216+.jpg

ミクストメディア


続きを読む

coro coro yose yose

さて、これは何でしょう?!

はい、パズルです。
遊び方はいたってシンプル
箱(表面アクリル板)を両手で水平に持ち
中にある赤い楕円球2個を三角形の交差する中央に
coro coro yose yose て停止させるというもの
(転がして寄せる)
まあ、単純な遊びさ~^^

スキャン0040_convert_20100526200450

ミクストメディア

続きを読む

展覧会の記憶 2

これは以前グループ展に参加したときのスナップ写真です。
テーマは、初期タイプの象で構成しています。
空間を意識してインスタレーションぽく展開しました。
小さな写真で写りももうひとつなので分かりづらいと思うので
<解説>
手前の象はステンレスメッシュ正方形2枚のユニット折りで出来ています。
その後ろ足からなにやら散らかっているのは地図模様の紙で自由に
折った抽象形の折り紙でその数100ぐらいだったと思います。象の歩いた跡と
移動を表現したものです。
そして壁から少し離れてポール状の台座に乗っているのは羽金象
(FLYING ELEPHANT)で真鍮メッシュ正方形3枚のユニット折りです。
それから壁際の紙象は、厚手の張り合わせカラー紙を2枚使ったユニット折りです。
そして壁に飾った3枚の絵は象の文字を抽象化して描いたドローイングです。
あと右端のBOXの台の上に布+アルミ箔の特殊紙で折った象が3頭、正面を向いた
状態にセッティングしています。
今、改めて見るとやっぱり変な世界かもしれません^^
それにしても初期とはいえ当時の象はどれもカクカク、、、ロボットゾウさ~

スキャン0033

ミクストメディア

続きを読む

おまけ集合 その1

以前、追記で公開した おまけ たまにどんなのだっけなあ、、、
じっくり捜さなくてはみつからない。。。
という訳で、いつでもすぐに見れるようにカテゴリにすることにしました。
けっこう量があるので間を少しおきながらその1その2・・・とまとめて編集再公開します。


img020.jpg img731.jpgimg021.jpg
img058.jpgimg055.jpg
img053_20081210104911.jpg img052_20081209012010.jpg
img040_20081201140950.jpg img036_20081130165118.jpg
img060.jpg img062_20081219231321.jpgimg065.jpg
img034_20081128192116.jpg img027_20081128190038.jpg
え 熱風地帯 img802.jpg img096_20090303135910.jpg
img081.jpg img080.jpg
img071_20090103134614.jpg img069_20090102173147.jpg
img119_20090411111631.jpg img118_20090410215656.jpg img112.jpg
img107_20090408095537.jpg
img818.jpg img106_20090406224345.jpg img100_20090405102518.jpg
img097.jpg img471.jpg
img586.jpg img128.jpg

ミクストメディア

続きを読む